×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

妙高杉ノ原スキー場/2010年04月08日更新

妙高杉ノ原スキー場

________

妙高杉ノ原スキー場のゲレンデトップからゲレンデベースまでの標高差は1124mあります。 妙高杉ノ原スキー場は標高差だけを考えれば、日本一のスキー場となります。 日本一の標高差を活用して、8500mのロングラン滑走を楽しむことができるのです。 妙高杉ノ原スキー場は大きく分けて2つのエリアに分かれています。 妙高山に向かって左側は三田原エリア、右側は杉ノ原エリアになっています。 輸送距離が3kmを超えるゴンドラは杉ノ原エリアにあります。 ゴンドラを繰り返し利用して滑走したとするならば、半日で十分な滑走感を味わえるはずです。 初級者であれば三田原エリアのパノラマコースをお勧めします。 コース幅が広く、しかも緩斜面です。 しかもパノラマコースから下部はほとんどが緩斜面となっていますので、ボーゲンでもゲレンデベースまでの2500mを滑走することができます。 上級者が楽しむのであれば三田原エリアの最上部に行きましょう。 スーパージャイアントコースとスーパーモーグルコースのチャレンジしてください。 妙高杉ノ原スキー場は大きな標高差を持ち、1本のリフトが長く、効率よく滑ることができますが、上級者が楽しめるコースが少ないのが難点です。 また、緩斜面もアップダウン等の変化がないため、すぐに飽きてします可能性もあります。 スキー場の周辺にはロッジや民宿が100軒ほどありますので、宿泊して楽しむこともできます。 温泉を引いている宿も多いため、そのような宿で身体を癒すのもいいかもしれません。
┌┐
└<>
千葉県オナニークラブアルバイト
CR行け!稲中卓球部口コミ
愛人白書出会い系サイト
アダムとイヴきんだんのであい
AVモデルバイト急募

┌┐
└<>

(C)妙高杉ノ原スキー場